アルツァフ

【未承認国家アルツァフ共和国(ナゴルノカラバフ)に行ってみた!】3/3~3/5(303~305日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

アルツァフ共和国
  • 面積:11,458㎢(日本の約3%)
  • 人口:15万人(日本の約0.12%)
  • 公用語:アルメニア語
  • 通貨:ドラム(AMD)
    1AMD=約0.22円(2020年)

 

旅の記録

3月3~5日

アルメニアとアゼルバイジャンがとっても仲が悪い原因となっている場所!

アルツァフ共和国(ナゴルノカラバフ)

に行ってきました!

 

VISA申請方法はコチラ!
↓↓↓

 

 

行ってみた印象!

  • 人が優しい
  • 山がキレイ
  • 軍関係の人や車が多い
  • でもとても平和で安全な雰囲気
  • 温泉が最高
  • 滝は大変

 

では現地の様子を写真付きで見ていきましょう!

 

 

マップ

国境は2ヶ所で、グルっといい感じで観光ができます!

地図は

Googleマップは分かりにくく、僕が使っていたアルメニアのSIMカードはアルツァフ内では使えなかったので、MAPS.MEの方が良いです!

 

 

移動はヒッチハイク!

時間に余裕がある人はヒッチハイクがオススメ!

車が少ないのでたまにかなり待ちましたが、一本道なのでそのうち誰か乗せてくれます!

道中は自然の景色がとてもキレイですよ!

パスポートコントロールではコロナウイルスのせいで時間がかかったので、近くの犬と戯れてました(笑)

 

 

Zoar hots prings(イチオシ!)

ここはめちゃくちゃ気持ちいいので必ず行ったほうが良い!

 

上の地図の休憩所までまずは乗せて行ってもらいました!

写真を忘れましたが

キレイなレストランがあってWi-Fiも使えます!

 

そこから南へ!

午前中の方が滝に行く方が多いはずです!

僕はお昼過ぎてましたが、軍関係の方が途中まで乗せてくれました。

 

すぐにこんなトンネルが現れます!

 

 

ホームステイ

そして滝まで残り7km程の所まで行き、そこからは車が通らなくて歩くことに。

でも時間的に滝まで行けても帰りが困るなぁと思ったので、途中で見つけた家をたずねてみました。。

ポツンと一軒!

 

泊まらせてほしいとお願いすると、すぐに家の中に招いてくれました!

 

めちゃくちゃやさしいなぁ。

 

外には家畜がいて、子どもたちの強烈な遊び方におびえていました(笑)

 

家の中には可愛い猫ちゃんも♪

 

ご飯もたくさん振舞ってくれました!

田舎ではよく収穫できるジャガイモをよく食べます!

自家製のヨーグルトも絶品!

 

コマもプレゼントできて喜んでくれました(^▽^)/

 

ここの子どもたちは4人で、上から女女男男。

上と下は9歳差。

僕の兄弟とおんなじ家族構成で、しかもそれぞれうちの兄弟の雰囲気と重なるものがあって不思議な感覚でした。

 

 

滝へ

翌朝出発!

荷物は家に置かせてもらって歩いて行くことに。

途中で乗せてくれた方がいました!

 

そして、、、

温泉到着!!

源泉そのままでめちゃくちゃ気持ちが良いです!

みんなパンツを履いてますし、女性で水着を着て入っている方もいましたよ!

おじさんたちから注目されますけど!(笑)

 

みんなご飯を持ってきているので一緒に食べさせてくれます♪

 

帰り道でも通りすがりの人が気さくでお酒をくれました(笑)

そしてホームステイ先に戻って少し休んでから次の場所へ!

 

 

 

Dadivank

滝からは近くてすぐに行ける教会(修道院)です。

滝から帰る途中の方が乗せてくれ、その方々もDadivankに行くところだったらしく、そのまま連れて行ってくれました(^▽^)/

 

とても立派な教会でした!

 

ワインを造っていた場所もありました。

奥の場所でぶどうを潰して、手前の穴(中は大きな空洞)に入れて醸造する仕組みだそうです。

 

 

 

We are our mountains

もう一つ、Gandszaarという教会も行こうかと思っていましたが、一人で教会に何か所も行っても面白くないので止めて、首都のステパナケルトへ行くことに!

ヒッチハイクですぐに到着しました!

そしてWe are our mountainsという場所へ行き、お父さんとあ母さんに会えました、、、

が、ここはただ見て写真撮って終了って感じの場所(笑)

 

 

 

オススメのPUB

ヒッチハイクで乗せてくれた方が友達が経営しているPUBを紹介してくれ、その友達はキャンプ場もやっているらしく、キャンプ場の建物で一晩泊まらせてもらえることに!

 

こちらがそのPUB

名前は

Bardak Pub

MAPS.MEで検索して出てきます!

 

お店では面白い人が集まっててとても楽しかったです♪

 

 

 

Zontik Waterfall(シュシー)

3日目の朝からシュシーという街に向かいました!

街の教会をチラ見して、、、

 

いざ、滝に出発!

 

MAPS.MEでルートを確認すると、点線の歩行者のルートが出てきます!

僕はショートカットできると思って行ったら痛い目にあいました(笑)

ちゃんと案内通りに行ったほうが良いです。

 

こんな崖がありますし、、、

 

道中は橋があったり。

 

ちょっと壊れてる石造りの小屋的なものも何か所かあります。

ちなみにキャンプができるスペースもあったので、夏にテントとか持って行けばめちゃくちゃ気持ちが良いと思います!

 

そしてさらに進んでいくと、、、

 

発見!!

中々いい場所!

でも一人でひたすら歩くのは結構大変でした。

しかも僕はこんなに険しい道とは知らずにバックパックを背負ったまま途中まで歩いていました(笑)

さすがに無理だと思って草むらに放置して滝に向かいましたが(笑)

 

結局往復で2時間はかかりました!

 

たぶん友達と一緒にのんびりと歩いてのんびり滝を見てたら3時間くらいかかるかと思います。

 

 

僕はこの後アルメニアへと戻りましたが

ヒッチハイクが中々乗せてもらえず、滝でかなり疲れた後にさらに歩いてへとへとになりました(笑)

しかもその後は有名なタテヴやストーンヘンジに行き、たまたま知り合った方とエレバンまで戻りましたし!かなりハード!(笑)

 

その様子はまた次回!

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

91人の購読者に加わりましょう