日本国内ヒッチハイクの旅

【必ずまた来るよ、喜界島!】さおりんと南の島旅

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

 

10月28~30日

 

最初の離島は喜界島!

前回の記事で書いたけど

楽しみにしていたトカラ列島が行けなくなったから、急遽予定変更で喜界島という場所へ行くことに!

 

今回の離島巡りで参考にしているのがコチラのホームページ。
↓↓↓

航路が分かりやすいから便利!

 

29日の夕方に鹿児島の北埠頭のフェリー乗り場に行ってチケットを購入!

航路図はこんな感じ。

時間はこんな感じ。

 

鹿児島から喜界島までは一番安い2等席で9,220円だった。

詳しい料金表はさっきのホームページから色々見られるよ(^▽^)/

 

 

17時半には鹿児島を出発♪

 

海から桜島がキレイに見られる!!

 

フェリーの中はこんな感じで平日が人はほとんど乗っていなかった。

 

 

喜界島に到着!

そして約11時間かけて喜界島に到着!

 

喜界島に到着する直前にフェリーの中で話しかけてくれたおじさんがいて、そのおじさんが僕らを車に乗せてくれた(^▽^)/

喜界島には4時半くらいに到着でまだ真っ暗だったしありがたい!

おじさんから気さくに話しかけてくれてすごく嬉しかったし、この島民の方たちはきっと優しい人が多いんだろうな感じた。

 

 

みんな色々くれる

さっきのおじさんに島の北の方まで乗せて行ってもらって、まだ暗い中島を歩いていたら一ヶ所明かりが見えたから行ってみたら、おじさんが魚をさばいていた!!

大きな鰆(さわら)

 

おじさんに声をかけて話していたらその鰆のお刺身をご馳走してくれた!!!

めちゃくちゃ美味しかった!!

毎日朝から海に出て竿で釣るんだって♪

 

 

島を歩いていると声をかけてくれる人も多くて

ポカリスウェットを買ってきてくれた人や

お茶とみかんをくれた人も。

こんなにも声をかけてくれる人がいるとはビックリ!

島の人たちは本州とは人柄が違って、何か東南アジアを旅してた時のような感じに近いなぁって感じた!

 

 

サンゴ礁の島

喜界島は大昔にサンゴ礁が隆起してできた島なんだって!

だから島中サンゴ礁がたくさん見られるし、石垣もサンゴ礁でできているところが多い。

ちなみに毎年2mmくらい隆起し続けてるらしい!

 

 

島の中にはパパイヤがたくさんはえていたり

バナナもたくさん!

 

海もめちゃくちゃキレイ。

1時間くらい砂浜で寝転がってのんびり過ごしたよ(^▽^)/

 

 

 

島内でもヒッチハイク

喜界島は1周約40kmくらいある島だからあちこち荷物を持って歩き回るのは大変。

島内でも長い距離を移動したいときはヒッチハイクをしたよ!

ヒッチハイクで乗せてくれた方が

病気をした旦那さんのリハビリや気分転換のために月に1度島を1周しているという方で、僕らを乗せてくれてそのまま島の中を案内してくれることに!

 

島で一番高い(200mくらい)場所へ連れて行ってくれたよ\(^o^)/

ちなみに島内はほとんどサトウキビ畑で、写真で見えている緑色は全部サトウキビ!

 

 

そしてお昼ご飯にスーパーでお弁当とかも買ってくれた!

 

お昼に1時間ほどやることがあるからそれが終わってからまた島の中を案内してくれると言ってくれて、それまでさおりんと買ってもらったご飯を食べて待つことに(^▽^)/

海辺でお弁当♪

乗せてくれたご夫婦の優しさの詰まったご飯に幸せをすごく感じる!

 

食べ終わってからはまたお迎えが車で芝生でお昼寝♪

10月末でも日中は暑いくらい!!

 

 

しばらくしてまたお迎えに来てくれて、夕方までずっと僕らを乗せて島中を隅々まで案内してくれた!!!

 

サトウキビに囲まれた長い一本道があったり

 

写真では伝わりにくいけどめちゃくちゃ大きなガジュマルの木にも連れて行ってくれた!

このガジュマルの木は本当にすごいから是非見に行ってほしい!

 

こんな場所も!

島の中はコロナの影響で今は観光客はそんなにいないけど、普段はそこそこ人が来ているらしく、どこもキレイにしてあるし、トイレなどもあるしテントで寝泊まりできるところもたくさんあった。

昔は島民が2万人くらいいたらしいけど今は人口は7,000人前後で、小中高は1校ずつしかないらしい。

どんどん過疎化はしているけど、島の中心の場所には居酒屋やパチンコ屋もあったり、それなりにお店も色々あった!

 

 

島民の方のお話を聞きながら島を巡ると、自分たちだけでは分からないこともたくさん教えてもらえてとっても楽しい!!

正直ただ自分たちで観光していてもそんなに面白くないし、こうやって現地の人との交流が楽しいなって自分は思う♪

 

 

途中でアンダーギーとオロナミンCもご馳走してくれた!!!

 

僕とさおりんのために昼前から夕方まであちこち案内してくれて食べ物まで買ってくれたこの奥さんが

“おせっかいでごめんよ~”

と何度も言っていて本当に謙虚で愛情の深いステキな方だなぁって感じた。

 

最後に僕らをフェリー乗り場の所まで送ってくれて連絡先とかも教えてくれて

何か困ったらいつでも連絡してねと言ってくれた。

病気をしててあまり話したりはしてなかった旦那さんも、最後車から降りて満面の笑みで握手をしてくれた。

本当に優しくて愛の深いご夫婦!

 

 

これぞ本当の愛!

次の日の早朝のフェリーで奄美大島に移動しないとその後2日間フェリーが来ないから、この日の晩はフェリー乗り場近くで野宿をすることに。

すると夕方から急に土砂降りになってしまってなかなかテントを張れずに屋根のあるところで待機。

しばらく雨宿りしてたら雨がやんだから、島民の方にオススメしてもらったお店に行ってみることに。

お店で島民の人と交流でできたらなぁと♪

 

お店に行く途中にこの島で唯一の信号が(笑)

一応あるけどあんまりみんな守らないらしい(笑)(笑)

 

 

お店について入ってみると、思っていた以上に人がいて忙しそう。

もっと和気あいあいとおじさんたちとしゃべりながら交流できるかと思っていたら全然そんな雰囲気のお店ではなくて、さおりんと二人で少し食べて帰ることに。

 

夜光貝という貝が美味しかった!

 

郷土料理の油そうめん

 

そしてヤギのお刺身

 

どれも美味しかったけど何だかものさみしい感じでフェリー乗り場に帰ってテントを張って寝た。

お昼に食べたあのお弁当の方がなんだか自分には感動や喜びや愛情を感じて幸せな気持ちになったなぁ。

 

 

翌朝は4時くらいには起きてテントを畳んでフェリー乗り場へ!

 

すると、、、

 

前日に島を案内してくれた奥さんが!!!!

 

夕方からの土砂降りで僕らのことが心配になって、あのあと家からまたフェリー乗り場の方まで僕らを探しに来てくれたらしい!

やっぱり家に泊めてあげてこっちの郷土料理を振舞ってあげようと思って探しに来たけど見つけられなくてごめんね

と。

しばらく僕とさおりんを探してくれてたみたいなんだけど、ちょうど僕らがお店に行っていた時だったから出会えず、、、

 

それでフェリーが出発する早朝に僕たちのことを気にかけてまた会いに来てくれた(´;ω;`)

 

この方の家に泊まって一緒におしゃべりしながら郷土料理を食べて過ごせなくてめちゃくちゃ残念だったけど

こうしてまた心配して会いに来てくれたことにめちゃくちゃ感動したし、またいつでもこっちに来た時は何日でも泊まっていいよと言ってくれて、また絶対にこの喜界島に来ようと思った!!

そしてまた旅立つ僕らに食べ物を持たせてくれた(´;ω;`)

お店の美味しいご飯を食べることよりも僕はこういう愛情のこもったものの方が幸せを感じるなぁ。

海外を旅した時もそうだったなぁ。

人の愛情のこもったものって本当に嬉しい。

人のために自分の時間やお金を惜しむことなく使うことができて、目の前の人を大切にして助け合って生きていくことができる人って本当にすごいなって思う。

これって今の日本ではかなり薄れてきているところだと思う。

 

自分が生きていくうえで大切にしたいのってこういうことだなぁって改めて思い出させてもらったなぁ。

 

 

日本の中でもやっぱり人の雰囲気と買って違うし

人は育った環境や暮らす環境にかなり影響されるんだろうなぁって思う。

 

 

たった1日の滞在だったけど、ものすごく濃くて最高の思い出が詰まった1日になった!

 

絶対にまた喜界島に来るぞ!!

 

 

そしてその方に見送られながらフェリーに乗って、次の目的地の奄美大島へ!

 

これからの島巡りもすっごく楽しみだ\(^o^)/

 

ではまた!

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

前日

翌日

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 / 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞め、たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ 帰国後は人とのご縁と身につけた技術のおかげで全国各地で様々なワークショップを開催。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

99人の購読者に加わりましょう