タジキスタン

【アシとコタツとそれから私。みんなちがってみんないい。】2/2~6(276~280日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

タジキスタン共和国
  • 面積:143,100㎢(日本の約38%)
  • 人口:930万人(日本の約7.4%)
  • 国語:タジク語
  • 通貨:ソモニ(TJS)
    1TJS=約11.25円(2020年)

 

2月2~6日

タイトルを金子みすゞさんの“私と小鳥と鈴と”っぽく書いてみましたが、このタジキスタンの田舎でのホームステイで印象的だったのが

コタツとアシ!!

 

色んな事があったので写真多め文章少なめで書いていきます!

 

 

田舎へ泊まろう!一件目

ホジャンドの街中からヒッチハイクで最初にたどり着いた場所の近くにあった村に寄りました。

そこで家畜の世話をしている方がいたので声をかけて、いきなりお泊りのお願いをしてみたところ、、、

 

まさかのいきなりOK!

しかもすぐに家の中に案内してくれた!

 

 

早速目にとまったのは綿!

売るのかな?

ちなみに綿の枝はすべて薪として活用されます!

 

 

家畜も牛がいます!

牛は食肉用として売っているそうです。

そして家畜の糞は乾燥させてこれも燃料として使います!

田舎の生活は循環がすごい。

 

ちなみにロバもいます。

荷物を運んだりするときにロバで荷物を引いているのをよく見かけます。

 

 

この村で面白かったのが水路があること。

他の村ではこういうのは見たことないです!

村中に水路が通っています。

 

子どもにコマをプレゼントして遊びました(^▽^)/

後から知ったのですが、みんなこの家の子どもではなかった(笑)

田舎では近所の子とかが自由に出入りしていたりして面白いです!

村全体が一つの家族のような感じ♪

 

 

そして僕のためにおもてなし料理を作ってくださいました!

ちなみにお米を研いだり生活用水は全部先ほどの水路!

料理や家のこと、妹の世話など、この21歳の娘さんがたくさんやっていました。

子どもの時から親と一緒に何でもやっているので、中央アジアの田舎の方々の生きる力強さは半端じゃないです!

 

 

そしてこちらが中央アジアでは最も有名な料理であり、おもてなしやお祝いなどでも必ず作るという、アシ(プロフ)!

タジキスタンは他の国より油が少なめな印象♪

 

 

翌朝は家畜のお世話を少しお手伝いさせてももらいました(^▽^)/

 

 

次の村へ向けてヒッチハイク!

明確な目的地はないまま、とりあえずヒッチハイクでさらに田舎へと突き進みました!

みんなすぐに乗せてくれます!

田舎の風景は本当に最高です(^▽^)/

 

 

 

田舎へ泊まろう!2~3件目

辿り着いた村の子どもに声をかけたら、行っても良いというのでそのまま家について行きました。

最初にお邪魔させてもらった家の方は泊めてくださったものの、かなり警戒心の強い方でした。

笑顔も少なく、やっぱりそういう家庭は子どもも雰囲気が違うし人に壁があるなぁと改めて感じました。

 

 

ちなみにこの日から他の村人たちが

ぜひうちにもゲストで来て欲しい!

と言ってくださって、3日間毎日違う家に泊めてくださいました♪

 

この辺りの村です!


ここでビックリしたのが

掘りごたつがあること!

炭火を中に入れるとめちゃくちゃ暖かいです(^▽^)/

 

そして最初のお宅でもおもてなし料理のアシを作ってくれました!

 

ロバにも乗らせてもらったり♪

 

 

家の作り

田舎ではどこもほぼ土で家を作っています

柱は木やコンクリートですが、あとはほとんど土を積み重ねていきます。

 

どの家にも必ずタンドリー窯と釜戸もあります。

 

石積みの技術もめちゃくちゃすごいです!

 

どの家も家畜がいたり農業をやっているので一軒一軒がかなり大きい。

 

山間の気持ちの良い村です!

 

 

 

結婚式のお祝い!

僕が来る前日に結婚式があったらしく、そこから5日間は毎日100人近く人が集まってお祝いをするそうです!

結婚式当日が見られなくて残念でしたが、その後の2日間はお祝いに参加させてもらいました♪

 

もちろん毎日アシを作るそうで、5日間で500㎏のお米を使うそうです。

他にもスープ料理も作っていたり。

 

大量のパンやナッツ、果物、お菓子なども用意してあります。

またもやコタツ!!

 

おもてなしの部屋は男女で別になっています。

 

最初の家族は暗い雰囲気でしたが、隣の村の方々はとっても陽気で笑顔がステキでかなりウェルカムな雰囲気でした(^▽^)/

 

ちなみに結婚式のお祝いでは

そこで使ったお皿やコップやパンなど、すべて2つずつ新郎新婦が持ち帰るそうです!

中央アジアではこうして風呂敷のように布で包む文化が残っています(^▽^)/

 

 

ステキな家族

3件目のホームステイ先の家族がとっても笑顔溢れるステキな家族でした!

親が優しい笑顔の家庭は子どもたちも人懐っこくて優しい。

 

この家族にコマをプレゼントしたら夢中になって遊んでいました!

 

ちなみにこの女の子が選んだのは一番謎のメッセージが書かれたこのコマ(笑)

 

 

次の村へ!

お世話になった村を出る前に、近くのバザールに連れて行ってくれました。

 

地元の人が集まって挨拶を交わす姿が良い感じ♪

 

ここでようやく綿100%の糸を見つけました!!

綿は輸出されることが多く、現地ではポリエステルなどが多いんです。

どこの国でも質の良いものは先進国へ、、、お金持ちのところへ、、、

 

 

 

そしてその後ヒッチハイクで移動!

 

田舎の一本道はヒッチハイクが簡単です♪

途中でお昼ご飯をご馳走してくださる方もいて、一気に移動もできました(^▽^)/

 

 

田舎へ泊まろう!4件目

そして辿り着いたのがこの村!

 

 

大きな山に囲まれている場所です。

 

ホームステイ先の男の子が絶景スポットを案内してくれました\(^o^)/

山も川もめちゃくちゃキレイ!

 

普通の観光では絶対に行けない場所に行けて楽しい!

 

古い家の跡もありました!

 

タジキスタンの伝統衣装も見せてくれました!

田舎の村では結構着ている方を見かけるんですが、これを作っているお店などはなく、みんな手作りするそうです!!

 

そしてタジキスタン最後のホームステイ先でもアシをご馳走してくれました!

 

このホームステイ生活中は

毎日アシ!

多い時は一日二回!!(笑)

 

中央アジアの方々のおもてなしの精神や優しさのすごさを改めてたくさん感じた最高の日々でした(^▽^)/

どこか日本と似た文化なども感じられる中央アジアは本当にオススメです!

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

86人の購読者に加わりましょう