モンゴル

【ヒッチハイクで車が故障し氷点下の大自然でたたずむ】12/3~5(215~217日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

モンゴル国
  • 面積:1,564,100㎢(日本の約4倍)
  • 人口:3,238,479人(日本の約2.6%)
  • 公用語:モンゴル語
  • 通貨:トゥグルグ(MNT)
    1MNT=約0.04円(2019年)

 

12月3~5日

12月3日

朝は日の出直後にカラコルムのお寺に行ってきました!

写真だけでサラっと(笑)

 

 

ヒッチハイク!

その後は西に向かってヒッチハイク♪

乗せてくださった方が行ったガソリンスタンドにこんなものが、、、

 

 

しばらく進んだ後に何もないところで降りることになってしまいました。

お金を払わないと嫌だという人はモンゴルでは結構います。

特に街中はそうですね、、、

 

こんなところだとたいてい普通に乗せてもらえますけど!

段々パッと運転手さんの顔を見たらどういう人か分かるようになってきます。

 

 

 

その後来た方が乗せてくださって再び進むことが出来ました!

 

 

ホジルトという街に着きそこから西に向かう主要な道路まで行こうと思ったら、まさかの舗装なしの山の中の道。

道というかただ轍があるだけ。

そして車が全然来ない、、、

 

 

歩いたら主要道路まで10時間はかかる道のりですが、そのまま突き進んでいくことに(笑)

 

 

 

するとそこへ奇跡的に一台の車が!!!!!

 

 

少し道からそれていたので必死に手を振りながら走ってアピールすると停まってくれて、何とか乗せてもらうことが出来ました!!

この時の気分は完全に遭難者です(笑)

 

 

その後そのままかなり移動することができ、アルバイヘールという街まで行ったところで、今度はそのまま別の方の車に乗らせてもらうことができ、一気にバヤンホンゴルという街まで行くことが出来ました(^▽^)/

 

そこからはもうヒッチハイクが出来ず、一泊することに。

泊めてくださる方は見つからなかったものの、優しいおじさんが車でホテルまで乗せて行ってくださって本当にありがたかったです。

暗いし寒いし、、、

 

ここには安い宿は無くて1泊1,500円くらいかかったけど、無事に宿泊出来て良かった!

ウランバートルから一緒にいる“チャン”のおかげで安い宿が無くても割り勘で半分の値段で泊まれるのでありがたい!

 

 

この日は約400㎞の移動が出来ました(^▽^)/

 

 

12月4日

朝は朝食付きでした!

こんな大きなちゃんとしたお部屋で。

 

どこに行っても朝はトーストと卵と野菜とハム(笑)

お米を細かくして炊いたおかゆみたいなのもついていました。

 

 

そしてこの日も移動なのですが

バヤンホンゴルの街がとにかく煙がすごくて街中が臭い!

街の雰囲気もなんだか暗いし動物の身体の一部が落ちていたりするし、、、

 

 

街の外れまで行くとようやく空気も良くなりました!

 

ヒッチハイクを始めたもののなかなか乗せてもらえず、、、

 

寒いので歩くことに。

歩きながらヒッチハイクをしていたら、ようやく乗せてもらえました!

 

30㎞くらい進んだところでお別れし

そこからまたしばらく車が来なかったものの、大自然の中なので車さえ通ればたいてい乗せてもらえます(笑)

 

次の方はドライバーの休憩所のような場所まで連れて行ってくれました♪

 

そこからまたヒッチハイクをしていると

めちゃくちゃ優しい方が乗せてくださって、モンゴルの一番西の方の主要な街である

“ホブド”

まで一緒に行けることに!!

 

 

安心して車に乗って移動をしていました。

 

が、しかし、、、

 

 

 

岩に接触しオイルタンクが破損!!

大自然のど真ん中で立往生、、、

 

奇跡的に8㎞くらい先に町があることが分かり、運転手の方が壊れた部品などを持って一人で歩いて行きました。

 

このまま直らなければどうなるのか、、、

この日はありがたいことに気温も0℃を少し下回る程度だったので日中は外にいても割と平気でした!

大自然を眺めながら自分ってこの大きな世界でほんとにちっぽけな存在だなぁと感じたり(笑)

 

 

 

事故発生から3時間以上が経ってから、運転手の方が色んな修理道具などを持って帰ってきてくれました!!!

 

スゴイのが

その部品でまた自分たちで自力で修理をするんですよ!!

事故発生から4時間後

 

無事に車が直りました!!!!

いやー、本当に良かった。

直った時の嬉しさ!

 

 

食べ物も持ってきてくれてみんなで食べたり!

お酒も頂きました♪

 

その後は夜通し走って翌日の早朝に西の街ホブドに到着しました(^▽^)/

 

約900㎞移動できました!

 

 

12月5日

早朝に着いたので、明るくなるまでの3時間くらいを暖かいホテルのフロントで過ごさせてもらいました(笑)

 

明るくなってからは中国への国境に向けてヒッチハイクをするためにまた街の外れまで歩いて行くことに♪

途中でこんなのがありました。

 

壁に絵が描いてあったり!

 

そしてこの街も煙がすごくて街が臭い。

西の方の街は何だかあまりいい雰囲気を感じませんでした、、、

 

 

 

ヒッチハイクでこの日に最初に乗せてくださった方のおかげで

国境の方に行くための道の分岐点まで一気に行くことが出来ました(^▽^)/

 

看板にも国境の案内があるので

あとはこの道を突き進むだけだ!!

 

街じゃないところはとにかく自然が気持ちいいから、車が来るまでの間は歩きながら自然を満喫できます♪

 

そして次に乗せてもらった人が国境の方に向かうとのことでそのまま行けるかと思いきや!!

 

 

どうやら途中で故障して停まってしまったトラックを修理しに来たらしい!!

まさかのこの日も修理待ち(笑)

 

 

この道は1時間に2.3台くらいしか車が来ないし、しかもヒッチハイクもことごとく失敗して全く進めず、、、

 

 

 

このトラックの修理をしに来たおじさんたちがおやつと温かいお茶をくれました(^▽^)/

このトラックは国境の街に行くらしくて、直りさえすれば僕たちも一緒に行けるのですが、なかなか直らない。

 

 

段々日も暮れ始めてきていたのですが

修理開始からこの日も約4時間後!!

 

トラックのエンジンがかかりました!!!

 

 

車のエンジンがかかってこんなに感動して安心することがあるなんて(笑)

夜は-20℃を下回るうえにここは何もないですからね。

普通に死ぬ(笑)

 

 

修理を終えたおじさんの立ちしょん姿が何とも良い感じ!!(笑)

 

直ったのでいざ出発(^▽^)/

 

もうだいぶ日も暮れてきましたが、街まで行ける安心感。

国境の街には0時くらいの到着になりましたが、ホテルにも案内をしてくださって本当に優しい方でした♪

 

 

フロンドにいたおばちゃんと仲良くなりました(笑)

 

何故か部屋へ全然案内してくれないし、受付の方は英語が分からない。

相方のチャンが持っていた翻訳の機械を使って理由を聞いてみました。

 

 

翻訳の結果は

 

“男が水の中にいるから待ってください”

 

意味がわかりませんが笑わせてもらいました(笑)

 

 

 

しばらくしたら部屋に案内をしてくれました!

男二人でダブルベッドで仲良く寝ました♡

 

 

そんなこんなで翌日には中国だ!!

この日は約400㎞の移動でした!

 

モンゴル楽しかったなぁ(^▽^)/

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

79人の購読者に加わりましょう