中国

【クチャ(庫車)観光で恐怖体験】12/10(222日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

中華人民共和国
  • 面積:9,597,000㎢(日本の約25倍)
  • 人口:13.95億人(日本の約11倍)
  • 公用語:中国本土は普通話(中国語)
  • 通貨:元(CNY)
    1元=約15.55円(2019年)

 

12月10日

トルファンからクチャへ鉄道移動

コチラがトルファン北駅です!(もう一ヶ所駅があるらしい)

この駅の場所はここにあります。

この駅から直接クチャまで行くことが出来るのですが、到着時刻が夜中の中途半端な時間になるものしかなかったので、一度ウルムチに戻ってから乗り換えて、クチャに朝着く鉄道に乗ることに!

 

ちなみに目的地のクチャの位置はここです!

 

 

鉄道の出発までの間に駅で待っているときに、現地の人と話していたら食べ物をくださいました♪

笑顔がステキ!!

めちゃくちゃ美味しいし嬉しい!!

 

 

一旦ウルムチへ

ウルムチへは一番安い硬座の車両がないやつに乗ることになったので、中国で初めて二等席に乗りました!

 

乗ってビックリ!!

日本の新幹線と何ら変わらないクオリティー!!

お値段は硬座の約2倍の51.5元!(約800円)

それでもやっぱり安い!!

 

 

そしてウルムチ北駅の方へ到着!

めちゃくちゃキレイだしWi-Fiも使えるしとても良い感じの駅でした♪

 

同じ鉄道に乗る方と仲良くなったので、乗り換えのタイミングも間違えることなく行けました(^▽^)/

 

 

クチャへ!

ウルムチ駅からクチャまでは一番安い硬座の席にしました!

お値段は102元(約1,600円)!

 

トルファンから直接行く鉄道に乗れていれば100元以下で行けましたけど、夜中に着くのは困るから仕方ないですね、、、

ウイグル自治区は警備がすごいですし、、、

 

 

車内ではこのようにお菓子や飲み物、果物、お弁当なども販売をしています!

ちなみにこの一番安い席はまともに睡眠をとれないですよ、、、(笑)

 

 

 

約9時間の移動の末

朝9時前にクチャ駅に到着しました!

中国の西の方なのに日本との時差が1時間だけなので、日の出の時間はかなり遅いです。

9~10時の間くらいにようやく日の出です!

 

 

ちなみにこのクチャ駅を出るときに

やたらと警察にチェックを受け、この段階で既にこの街が他とは違う感じがしていました、、、

 

 

クチャの街の様子

鉄道の駅から街中まで歩いて行くことにしました!

すると高層マンションをめちゃくちゃたくさん建てていました、、、

何か不気味、、、

 

 

街の中心に近づくとお店が増えてきたので、少し食べることに(^▽^)/

1個1元!!

 

そしてこっちではみんな食べているナンを焼いているお店を発見したので、焼きたてを買って食べたらこれまためちゃくちゃ美味しかった!!

1枚3.5元!(約50円)

めちゃくちゃ安い!!

 

 

 

人が今までと違う、、、

街を歩いていたり

街の人に話しかけたりしていたのですが

 

 

明らかに様子がおかしい。

 

 

目つきや顔の表情。

そして話しかけたときに明らかに嫌そうな顔をしたりする。

 

会話を拒否された時もありました。

これは今まで無かったのでビックリでした。

 

 

市場へ行くと、、、

市場があったのですが、ゲートががっちりとしています。

中には入れました。

 

こんな感じで普通に市場がありますが人は少なかったです。

そしてこうやって写真を撮っていたら、、、

 

すぐに市場から追い出され

その後強制的に引きとめられてパスポートチェックなどをされてこれまた何かおかしい、、、

 

 

その後も会う人会う人やっぱり僕らを見る目が何か違う、、、

 

 

ウイグル人の街

街の西の方へ行くと橋があり、そこを越えると一気にウイグルの街並みが広がります。

 

そこに行くと王宮の跡地のような施設があったので入ってみました!

 

色々ありましたが完全に廃れた感じになっていました。

 

 

 

その後はこの街のイスラム教のモスクへ。

 

モスクへ向かうための道の両端は警察によって完全に警備されており、そこを越えた瞬間に町の雰囲気がさらに変わりました。

 

警察署は大きくて立派できれいですが民家はボロボロ。

普通のお店に入って見ていただけで

お店の人が警察を呼んで、またパスポートチェック。

しかもスマホの写真を細かくチェックされました。

 

 

そしてその後無事にモスクへ!

立派なモスクがあったのですが

ここも警察によって管理されており、中に入ることはできなくなっていました。

 

 

そしてずっと警察が近くにいて

この後すぐにまたパズポートチェックとスマホのチェックを受けました、、、

 

 

明らかにおかしい。

街に活気もなく

人々の生活を感じられない。

 

とても暗い街という印象。

自由を奪われているような雰囲気。

 

 

尾行されている

この後一軒の飲食店に入ったのですが

そこへ後から男の人が1人入ってきました。

 

すると、一緒に旅をしているチャンが

“王宮のところからずっと尾行してきている”

と、、、

 

 

マジかよ、、、

 

 

その後お店を出て別の場所へ行くときに、その男の様子を見ていたら、確かに尾行してずっとこちらの様子を見ていました。

しかも一人ではなく数人。

 

僕らがどこかに行って現地の人と話したりすると

後からそこの人たちに聞き込みのようなことまでしていました。

 

 

明らかに様子がおかしいのでそのエリアを出ました。

すると再び警察が来てパスポートチェック。

 

チェックが終わった後も少し離れた所から常に様子を伺っている。

 

お店に入ってもお店の人の僕たちを見る視線が明らかにおかしい。

 

 

一体この街には何があるんだろうか。

どうしてこんなにも他の街とは比べ物にならないくらいの警備がされているんだろうか。

 

 

僕の印象では

アニメなどであるような、悪の組織に支配されて闇に包まれてしまった街

というような感じ。

 

 

めちゃくちゃ居心地が悪いし怖いので

宿泊することなくこのクチャの街を出て、夜行の列車でカシュガルに向かうことに。

すると駅での警備もやっぱり今までより遥かに厳しい。

チケットを買うところまで警察が同行してきました。

ただそのおかげでチケットを買う時に先に通してもらえてすぐに買えたのでそこだけはラッキーでしたが(笑)

 

 

海外の旅で一番怖かった

今まであちこち旅をしてきて怖い経験というのはほとんどありませんでしたが、今回のこの経験は怖かったです。

街全体の空気感がとにかくおかしかったです、、、

 

また来たいとは決して思えないような場所は今回が初めてかもしれない。

 

たった一日でパスポートチェックを何回されたんだろうか。

新疆ウイグル自治区ではどこも警察の警備がすごいですが、この街はダントツですごかったです。

 

 

怖かったですが

これはこれで貴重な体験になりました。

 

 

日本に生まれて本当に良かったと感じた一日になりました、、、

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

90人の購読者に加わりましょう