中国

【内モンゴル・呼和浩特(フフホト)を旅する】11/16~18(198~200日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

中華人民共和国
  • 面積:9,597,000㎢(日本の約25倍)
  • 人口:13.95億人(日本の約11倍)
  • 公用語:中国本土は普通話(中国語)
  • 通貨:元(CNY)
    1元=約15.55円(2019年)

 

11月16~18日

初の中国料理

このフフホトという街でホームステイを受け入れてくれたのがこちらのパキスタン出身のトム!

とにかく優しくて心遣いがこまやかで感動しています。

 

 

僕をランチに連れて行ってくれました!

 

御馳走してくれるとのことで

何でも好きなものを注文して!と言ってくれたので、念願の餃子を(笑)

 

他にも数品頼んで、トムのお友達も一緒に4人でランチ♪

中国に来て初めて中国料理を頂けてめちゃくちゃ嬉しかったです!!!

 

 

 

街を散策

近くにあったショッピングモールのようなところに行くと、建物もお店もとてもキレイ。

 

そして電子マネー化が進んでいるので、電子マネー専用の自動販売機も置いてありました!!

 

中国人の方はよく果物を丸かじりしているイメージがありますが、街のあちこちで果物専門のお店があるのを見かけます。

 

外で包丁研ぎをしている方もいました(^▽^)/

 

 

とても快適な街

滞在中にめちゃくちゃ寒い日があって、あまり寒い地域に行ったことのない僕は凍えそうでした(笑)

池も凍ってましたし(笑)

 

寒さも楽しみながら街を歩いていると、スマホのアプリを使って乗ることが出来る自転車が街中にたくさん設置されていました!

エコだしとても便利ですよね!

オーストラリアとニュージーランドにも同じシステムのものがあったなぁ!

 

 

 

歩いているとあちこちで公衆トイレの案内もあってとても親切。

 

ゴミ箱もたくさん設置されていて、街がとてもキレイな印象でした♪

 

上海や蘇州にいたときよりも街の雰囲気も、人の雰囲気も穏やかでとても居心地の良さを感じました(^▽^)/

 

ホームステイ先もかなり居心地が良くて幸せです♪

トムがモンゴル料理もご馳走してくれましたよ!

↑これ、ラクダのお肉がサンドされています(゚д゚)!

 

 

あとは肉まんとモンゴルティーを頂きました!

モンゴルに行くのがめちゃくちゃ楽しみです♪

 

冬支度

これからモンゴルに行くとさらに寒くなります。

日本では履いたことのない股引を持ってきました!

 

たまたま家にあったやつを一回も履かずに持ってきたら、まさかの七分丈、、、

 

 

ということで、、、

 

 

持ってきていた手ぬぐいを股引に縫い付けてやりましたよ!!

 

旅の時に裁縫道具は必需品!

服を直したりにも使っています(^▽^)/

 

 

 

初めてのコマプレゼント♪

トムの職場は英語スクールで、そこの子どもたちと少しだけコマで遊んで交流することが出来ました♪

 

今回の旅で応援資金を送ってくださった方の名前とメッセージを書かせてもらっていて、こうして写真を撮って支援してくださった方に送らせて頂きました(^▽^)/

 

短い時間でしたが喜んでくれました!

世界地図で日本の場所も覚えてもらいましたよ♪

 

 

 

こんな感じで内モンゴルの街での生活を楽しみました♪

 

といっても僕はショッピングや観光はあまり興味がないので、ただ街を散策して、あとは家で裁縫したりしていましたが(笑)

 

 

やっぱり東南アジアとかみたいな人との濃い関りが楽しめるエリアが好きだなぁ!

今後どんな風になっていくのか楽しみです♪(^▽^)/

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

73人の購読者に加わりましょう