アゼルバイジャン

【カスピ海を貨物船で横断だぁー!】2/22~24(293~295日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

カザフスタン共和国
  • 面積:2,724,900㎢(日本の約7.2倍)
  • 人口:1,860万人(日本の約15%)
  • 国語:カザフ語(公用語:ロシア語)
  • 通貨:テンゲ(KZT)
    1KZT=約0.29円(2020年)

 

2月22~24日

カザフスタンからアゼルバイジャンへと船でカスピ海を横断しました(^▽^)/

僕が行った2020年2月末時点での船についての情報をご紹介します!

 

アゼルバイジャンビザの無料申請方法などについてはコチラ
↓↓↓

 

 

船の基本情報

詳しいことは下の方に書いていきますが、先に簡単に基本情報をまとめておきます!

港の場所

クリーク港(カザフスタン)⇒バクー港(アゼルバイジャン)

港の位置は下の方で地図を貼っておきます!

 

日時

約2日に1本

噂では1週間くらい待つこともあると聞いてましたが、現地の方が確認をしてくれて、現在はこのくらいの頻度で運行しているそうです!

でも貨物船のため変動もするし、当日も正確には出発時間が分からないままかなり長い時間待ちました。

 

金額

70USD(26,660KZT)

ネット情報では80USDと出ていましたが、僕はこの値段で買うことが出来ました。

2人部屋は80USD。

4人部屋は70USD。

とのこと!

でも人が少ないので僕は一人で部屋を使えました♪

 

ちなみにクリーク港には、ATMや両替所もあるので安心です。

KZTをUSDにも両替してくれるし、支払いはどちらの通貨でもできます!

 

 

クリーク港

船が出る日は現地の方が確認をしてくれ、当日はヒッチハイクで行こうと思っていたら、タクシー代を払ってくれて港まで乗せてくれました(´;ω;`)

 

なので午前中に到着!


18時ごろには船が来ると言われましたが、途中で変更になり翌朝に出港になったので、それまで港で待機。

 

港は設備が充実していて快適!

ここにはATMもありますし、両替所もあるのでとてもありがたい!

支払いはドルでもテンゲでもできますが、僕は手持ちのテンゲで支払い、残りをドルに両替しておきました(^▽^)/

チケットは1人80USD(26,660KZT)でした!

 

 

食事ができる場所もあります。

お店の人がご馳走してくれました(^▽^)/

 

 

Free Wi-Fi もあるので時間は潰せますが、いつ乗船できるか分からないまま待つのは結構しんどい、、、

 

結局船に乗れたのは翌朝の6時でした。

 

部屋はこんな感じで1人!

多分部屋が埋まることは無いので1人で使えると思います♪

 

 

出港前に朝食を頂けました。

 

 

出港だぁー!!

港に到着してからちょうど24時間後の午前10時ごろにようやく出港!

 

船はほとんど揺れを感じないので酔うこともありません。

 

お昼と夜は手作りのアゼルバイジャン料理を出してくれます!

 

このヒマな時間を利用して、すり減っていたズボンの修理もできました!

 

 

バクー港に到着!

朝方は港の近くで待機してました。

そして出港からちょうど24時間後のアゼルバイジャン時間の9時頃に到着!

港はバクーの街からは結構離れています。


そしてそこから待ち時間長く、手続きが終わって解放されたのは11時くらいでした。

無事に到着だぁーー!!!!!

 

 

 

次回は

もう二度と来たくないと思ったアゼルバイジャンでの様子をお届けします、、、

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

85人の購読者に加わりましょう