ウズベキスタン

【サマルカンドからブハラへ!観光はイマイチ、、、】2/10~11(284~285日目)

↑↑↑
僕の旅を応援してくださる方はSNSでシェアしてくれるととても嬉しいです!

一緒に世界を旅しましょう♪

 

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

SNSならよりリアルタイムに旅の様子を見ることができるので是非気軽に申請してください(^▽^)/

 

ウズベキスタン共和国
  • 面積:447,400㎢(日本の約1.2倍)
  • 人口:3,280万人(日本の約26%)
  • 国語:ウズベク語
  • 通貨:スム(UZS)
    1UZS=約0.011円(2020年)

 

2月10~11日

ヒッチハイクでブハラへ!

朝早くにサマルカンドの宿を出発!

 

しばらく歩いて良い感じのポイントまで移動してからヒッチハイク開始。

すぐに乗せてもらえました♪

 

街はずれまで行けて、そこからまたヒッチハイク。

ブハラまではそこそこ距離がありますが、この方が家に来てお茶を飲まないかと誘ってくれたので行くことに♪

急がば回れ!です。

食事まで出してくださいました(^▽^)/

山が近くてステキな村でした。

 

ブハラまでまだまだあるので1時間ほどで再出発。

滞在登録がいらなければ泊まっていきたかった、、、

 

その後も順調にヒッチハイクで移動が出来ました!

 

お昼過ぎには食事にも連れて行ってもらえました!

この食事をご馳走してくれた方が、ブハラまでのシェアタクシー代を払って乗せてくれた上に、食事代まで僕に持たせてくれました(´;ω;`)

雨が強くなっていたのでありがたい、、、

 

 

そして一気にブハラに到着!!

 

 

KHAN ROOMS(安宿)

僕がブハラで泊まらせてもらったのはコチラです!

 

 

観光の中心地からは他の宿より少しだけ離れていますが、ちょっと歩くだけなので何も問題なし。

 

ここの良いところは

この広いトリプルベッドの個室に泊まれるのに、値段は他の宿のドミトリーと変わらない値段!

ゆっくりしたかったのでとても良かったです♪

食事を少し分けてくださったり

ウズベキスタンの歴史などを教えてくれたり

トルクメニスタン&イランではクレジットカードが使えないので、ドルを念のため増やしておこうと思ったら、外国人はウズベキスタンのお金をドルに両替することが出来ないらしく、そしたらここの宿の方が代わりに銀行で両替をしてくれました(^▽^)/

 

 

 

観光

ブハラの主な観光場所はこの辺りのオールドシティと呼ばれるエリアに集中しているので、結構短時間でほぼ見ることが出来ます。

 

 

モスクもたくさんあります。

 

先ほどの地図の場所から↓のArk of Bukharaまでが主な観光場所。

 

 

色んな建物がありますが、、、

 

オフシーズンでお店もかなり少なかったものの

ガッツリ観光地化されていて、まるでテーマパーク(笑)

個人的にはここはビミョーでした。

 

 

パン屋さん♪

散歩していて見つけたパン屋さんに入って作り方の見学をさせてもらいました(^▽^)/

左の男性は27歳で子どもが4人!

双子が2回産まれたんだとか(゚д゚)!

 

作り方の見学は観光地を歩くより楽しい!

しかも焼きたてご馳走してくれました♪

こういう地元の人たちの生活に触れてる時間が最高だなぁ(^▽^)/

 

 

パクリ

公園でこんなものを発見(笑)

顔がヤバい(笑)

 

こっちはまだいい感じ。

 

あと、中央アジアのファストフード店はだいたいこんな感じ(笑)

じゃなくてのお店もよく見かけます(笑)

 

 

早くトルクメニスタンとイランに行きたいので、次の日もヒッチハイクでヒヴァという街まで450kmの移動をします♪

 

 

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

僕の旅や今後の活動を応援したい!
と思ってくださった方は、是非こちらをご覧ください!
↓↓↓
つよぽんを応援

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

85人の購読者に加わりましょう