みやもと糀店

【お手伝いに来たい方必見!1日の流れをご紹介】~みやもと糀店滞在記2022~

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

 

実は僕、仮面ライダーに変身できるんです(笑)
↓↓↓

みやもと糀店で“縁側ワークショップ”やります(^▽^)/

4/18(月) 手打ち蕎麦教室
4/20(水) さおりんの発酵料理教室
4/22(金) さおりんの発酵料理教室
4/22(金) レンテン族の手縫いズボン作り

詳細はコチラ
↓↓↓

 

 

みやもと糀店の滞在記録が食べ物日記みたいになってきているから、今回は1日のどんな流れで生活をしているのかをご紹介します!!

みやもと糀店でのお手伝いについて

毎年1~4月までのお味噌仕込みで忙しい期間(最近はそれ以降も黒麹仕込みの期間も)は、10日以上で住み込みで手伝いに来てくれる方を募集しています!(貴史さんのInstagramを要チェックだよ)

ここでもお手伝いは普通のお仕事と違ってお給料は出ないんだけど、滞在中は寝る場所は用意してもらえるし、毎日の食事はみんなで楽しく作って食べられます(^▽^)/

 

ここに来ると麹や発酵について学べてるのはもちろん、来る人が面白い人ばかりで楽しいし情報交換ができる。

 

来る前はみんな10日間って長く感じるんだけど、いざ来てみると本当に楽しくて学びが多くて10日があっという間で短すぎてもっといたくなるんだよね!!!

 

ここに来た人はお金では得られないものをたくさん持ち帰っていきますよ♪

 

そんな素敵な場所だから、今年2022年は15人くらいの枠に対して、50人くらいの申し込みがあったんだって!

その中から選んでもらえた人はすごくラッキーだよね~♪

 

 

 

8:50ラジオ体操から始まるよ!

朝はかなりゆったりとしたスタート!

朝ごはんは8時くらい?に食べたい人だけ貴史さんと食べるけど、僕も含めて案外朝ごはん食べる人は少ないから開始時間まで各々自由に。もちろん朝ごはん食べたい人は遠慮なく!

 

8:50に庭でみんなでラジオ体操を第一・首の体操・第二とやります(^▽^)/

 

ラジオ体操についてはコチラから必ず予習をしておきましょう!?(笑)
↓↓↓

 

 

麹を仕込むよ!

1日の流れはその日によって変わるけど、米麹を仕込む日が一番多いからそれをご紹介♪

ラジオ体操が終わったら9時過ぎから早速お仕事スタート。

 

前日から浸漬(浸水)させておいたお米を朝から貴史さんが蒸してくれていて、9時過ぎに蒸しあがるからそれをまずは冷ます!

 

冷めたらそれに種麹(麹菌)を振りかけていきます(^▽^)/

それを麹室にしまって保温&保湿をしておきます!

 

みやもと糀店の麹室は今は手作りの木のものと、農業の育苗器を使ってます。


↑なんか写真撮ってたら変な人が入り込んできた(笑)

 

 

お手入れ♪お手入れ♪

工程を細かく書くのは面倒だからざっくりと説明すると

その後は前日に種付けしたお米をしっかりほぐしてあげてます。

麹は発熱してどんどん温度も上がってくるからそれを少し冷まして酸素を供給してあげます(^▽^)/

2日目には良い香りが少しずつしてきます!

 

2日目からは麹蓋(こうじぶた)に移してあげて、また麹室に入れておきます。

 

あとは温度管理などをしながら様子を見てあげて、種付けをしてから2日後には麹が完成\(^o^)/

 

お昼休憩

午前中の作業が終わるのが11時前くらいと結構早め♪

そこからお昼休憩なんだけど、僕が滞在中は晩御飯がかなり豪華だからみんなお昼も軽めにしてあるもので簡単に食べることも多い(笑)

もちろん何か作るときもあるけど!

僕はいつもお味噌汁か甘酒か豆乳ヨーグルトを口にして終わりにしてる♪

豆乳ヨーグルトに黒麹甘酒をのせると絶品なんだけど、寒い日はヨーグルトで冷えるから味噌汁にする日を多めに。

 

午後からお味噌仕込みワークショップがある日は12時過ぎまで休憩で、無い日は13時くらいまで休憩!

 

 

麹が完成\(^o^)/

種付けしてから2日後の午後には麹が完成!

麹が完成したらこんな感じにモフモフに♪

麹は、みやもと糀店にも使われているみたいに、“糀”とも書くけど、お米に花が咲いたような感じだよね♪

お手伝いに来てこれを初めてみた人は結構テンション上がってます(^▽^)/

 

ただ、モフモフなのが良い麹ではなく、お米の中の方まで麹菌がしっかりと入り込んでいるかどうかの方が大切!

 

完成した麹は一粒一粒ほぐしてあげて、生麹として販売しないもの以外は乾燥させておきます。

この作業が結構楽しい♪

 

お茶休憩~♪

他には発送する商品の計量や梱包とかもやったり、お米や大豆などを洗って浸漬させたり、洗い物をやったりと、やることは色々あるけど、ワークショップが無い日は途中でお茶休憩もあったりするのが嬉しい!

貴史さんはすごく寛大にみんなを受け入れてくれる。

お仕事はもちろんやることはちゃんとやるけど、時間にもゆとりがあってみんなが楽しみながらいられるステキな環境!!

 

麹作り以外にも色んなものを試作していて楽しい(^▽^)/

 

2021年は味噌玉ジャグリング、餃子麹、ランチパック麹とか、、、

今年はテンペを作ったり、コーラ作り、麺から担々麺やうどんを作ったり。

 

遊んでるようだけど、これが案外大切でめちゃくちゃ楽しいし勉強になる。

それは貴史さんからだけじゃなくて、全国各地からお手伝いに来る人からも学ばせてもらうことがたくさん!!

人が集まって色んなアイデアが生まれてそれを実際にやっているうちに新しい発見があってどんどん発展していったりするんだよね\(^o^)/

 

面白いことを思い付いたらすぐに実践して、真剣に楽しむ貴史さんの姿を見ているとめちゃくちゃ刺激を受けるんだよね!

 

 

豆麹&麦麹

日によって米麹以外にも豆麹と麦麹も仕込みます!

 

豆はお味噌仕込みの時とは少し違って給水も少なめで蒸し時間も少し短め。

納豆にならないように温度も米麹より低めにキープするのがポイント!

 

 

 

麦麹は小粒でまるで魚卵みたい!!

麦はすぐに給水するから浸漬時間がすごく短い!!

蒸し時間も短いから米や豆とはこれまた違っていて面白い。

 

麦味噌を仕込む人は少ないから麦麹を仕込む頻度は少なめだけど、10日以上滞在していたら1回くらいはやるはず。

 

 

 

お味噌仕込みワークショップ

午後からお味噌仕込みワークショップがある日は、12時過ぎからお客さんを外で待ってるんだけど、その間になわとびやったり身体動かして運動してる(笑)

 

12:30にはワークショップ開始!

家族で来る人も多くて土日は子どもたちがたくさん来ることも多いよ!

ワークショップに来た方たちとおしゃべりするのが結構僕は楽しくて好き♪

貴史さんはお味噌仕込みワークショップを20年弱毎年やっているから、参加者の中にはお味噌仕込み歴16年の17歳の子までいたり( ゚Д゚)

子どもの時から毎年家族で自分ちのお味噌を仕込むって素敵だよね♪

 

毎年大人気ですぐに予約が埋まっちゃうから興味のある人はみやもと糀店のホームページや貴史さんのInstagramを要チェックだよ!!

 

 

お味噌仕込みワークショップ中は

ワークショップの対応をやる人と、麹の手入れや発送作業などの裏方をやる人に分かれながら動いたりして、16時前にはワークショップは終了!

 

 

ワークショップがある日も無い日も、遅くても18時前にはお仕事終了してみんなで晩御飯タイム\(^o^)/

 

 

楽しい晩御飯

この時間が毎日の楽しみ!!

ここでまた書くと大変だから晩御飯については僕が書いてる他の記事を見てみてね(笑)

 

料理好きが集まるから毎日美味しいものを食べながらみんなでしゃべってます♪

作りたいものがあったら貴史さんが何でも材料を買って来てくれるし、麹は自由に使えるから甘酒や塩麹・醤油麹などを使ってお料理ができるから嬉しい(^▽^)/

お味噌もここで作っている色んな種類のお味噌があるしね♪

 

お料理が苦手でも全然問題ないしプレッシャーを感じる必要もないから気軽に(^▽^)/

 

お手伝いで来ている人とは別でみやもと糀店のシェアハウスにずっと暮らしているまちゃこさんという大酒飲みの面白い女性と一緒にお酒を飲むこともできます(笑)

酒好きの人が来るとまちゃこさん喜びます(笑)

 

 

その他には、、、

日によってはかなりのんびりの時もあって、そんな時は畑に行くことも(^▽^)/

貴史さんの畑でみんなで農作業もとても気持ちが良い時間♪

 

ピザ&ジェラート

お休みの日や、お昼に時間がとれる日には近くにある美味しいピザ屋さんに行ったりも♪

海沿いの気持ちが良い場所で美味しいピザをみんなで食べに\(^o^)/

 

そのすぐ近くのジェラート屋さんもすごくオススメ!!

 

杉浦味醂へレッツゴー!

タイミングが合えば車で40分くらいの“杉浦味醂”さんに行けることも!

みやもと糀店のお味噌仕込みワークショップでは、お味噌のカビ対策としてここのみりんの絞り粕を使っているから、在庫が無くなったらみりん粕を受け取りに行けることもあるのです(^▽^)/

 

杉浦味醂さんを含めて、碧南市には昔からみりん屋さんがたくさんあって、今でも4つ残っています!

・杉浦味醂
・角谷文次郎商店
・小笠原味醂
・九重味醂

どれもすぐ近くに会社があります。

 

 

杉浦味醂さんは2022年3月に

“奇跡体験!アンビリバボー”というテレビ番組で紹介をされていて、ものすごい数の注文が来てしまってかなり忙しいらしく、今はネットでも注文もストップされていて半年待ちになっているんだとか。

僕らはその場で1年仕込みと3年仕込みのみりんを1本ずつ買わせてもらった\(^o^)/

どちらもめちゃくちゃ美味しい!!

本来の製法で造られた本みりんはそのまま飲めるしすごく美味しい。

3年の方は濃厚で甘みが強くてお菓子作りなどにもオススメ♪

 

僕はみりんやみりん粕を使って作るおやつが大好き(^▽^)/

 

 

杉浦味醂さんに行ったついでに九重味醂さんにも行ってきた!

九重味醂さん大きな会社で、レストランや直売所も新しく数年前から始めていて、みりんソフトが食べられると聞いて来てみた!

美味しかったからこっちに来た時は寄ってみてね♪

 

 

 

こんな感じでみやもと糀店では色んな経験をさせてもらいながらみんなで楽しい日々を過ごしております\(^o^)/

とにかくここでの生活は本当にオススメ♪

 

糀や発酵に興味がある人は是非ともお手伝い申し込んでみてね~\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

つよぽんと繋がる♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 / 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞め、たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ 帰国後は人とのご縁と身につけた技術のおかげで全国各地で様々なワークショップを開催。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

109人の購読者に加わりましょう