タイ

【恥じ・プライド・見栄なんて捨ててやる】5/17(76日目)

つよぽんです♪
↓↓↓

SNSでフォローする!

たくさんの人に助けてもらいました!

 

今日の移動はこんな感じ!
↓↓↓

 

タイ王国
  • 面積:513,120㎢(日本の約1.36倍)
  • 人口:6,904万人(日本約54%)
  • 宗教:仏教90%以上
  • 公用語:タイ語
  • 通貨:バーツ(Baht)
    1B=約3.5円(2019年)

 

5月17日

みなさんこんにちは!

昨夜は橋の下でテントを張って何事もなく朝を迎えることができました!

 

今日は朝からヒッチハイクで移動をすることに♪

 

カウチサーフィン

みなさんカウチサーフィンって知っていますか??

世界各地で登録している人がいて、泊めてくれる人を探すことができるんです♪

アプリはコチラ←

 

何人か申請していたのですが、そのうちの一人が泊めてくれることになり、再びチェンラーイの街の方に戻ることに!

 

 

タイ人がとにかく優しい

何もない山の中からヒッチハイクを始めたらすぐに乗せてくれる人が!!

 

方向が変わるときに降ろしてもらい、また別の方が乗せてくれて。

 

タイに来てビックリしたのが
誰もお金を要求してこないこと。

 

ベトナムでは毎回のようにお金の交渉になっていたのですが
タイではみんな笑顔で乗せて行ってくれるし、お金をくれとも言われない。

しかもヒッチハイクをしていない時でも
歩いていたら声をかけてくれて乗せてくれる人も多い!

 

 

 

その後
今晩泊めてくれることになった大学生がいる大学まで歩いていると、買いものに街中まで来ていた17歳の女の子たちが声をかけてくれて、途中まで一緒に行ってくれました!

 

 

大学の方まで来ると
またもや歩いている僕に声をかけてくれて、行きたいところまで乗せてくれる学生さんに出会えました!

本当にみんな優しい。

 

 

そして到着!

 

すこし待った後

今夜泊めてくれる子に会えました♪

おもてなししてくれて
しばらく休んでいると、、、

 

まさかの!!!

 

一緒に暮らしているという彼氏からのNGが出たから急に泊まれなくなってしまったと!!

 

マジか、、、

でもこれも必然。

きっと今日は別の所に行ったほうが良いんだろう(^▽^)/

 

トラブルは自分の行くべきところへ導いてくれる最高の出来事です♪

 

 

新たな挑戦

次の日にバスで行きたいところがあるので
そのバス停に行ってそこで寝ることにしました!

無事にバス停に到着!

椅子も多いから寝られる!

 

 

近くにナイトマーケットがあったので行ってみることに。

外国人観光客がたくさん集まってきていました。

 

お金持ちであろう観光客がたくさん。

そしてやっぱり食べ残しがたくさん棄てられていました。

この食べ残しをみんなに分けることができたなら

どれだけの人が食べることに困らず、無駄な廃棄や資源の無駄遣いを減らせるのだろうか、、、

 

 

どう思われようが、まずはやってみる!

今回僕はお金を少ししか持ってきていません。

きっと人はもっと助け合って、分け合って、幸せに生きていけると信じて

お金がないからこそ自分にできることがきっとあると信じて今回の旅を始めました。

 

 

だからここであることを始めることに。

かなり躊躇はありましたが、とにかくやってみよう。

 

これを持って、人がいるところで座ることに。

I’m traveling with the gift from “you”!
(私は“あなた”からのギフトで旅をしています!)

Please treat me to something!
(何か恵んでください!)

 

 

いくら頭で考えた所で
自分がそういう立場を経験しないと分からないことってたくさんあるだろうなって思って。

 

これをしたところで

本当に貧しい生活をしている人の気持ちは分からないかもしれませんが
今の自分にできることはとにかくやってみようと思って、プライドなんか捨てることにしました!

 

 

募金箱的なものも置いてしばらく座っていると、日本人のおじさんが声をかけてくれました。

 

ビール飲んだか?

ご馳走してやるからこっちおいで!

 

そしてついて行くと他にもおじさんがいて
ビールだけでなく、食べていた食事まで分けてくださいました!

 

自分たちはそんなに食べないから残りを全部食べていいと。

さっきまで人の食べ残しを眺めていたので
こうして食事をすることができることがめちゃくちゃ嬉しい(´;ω;`)

 

 

厳しいお言葉も

僕に声をかけてくれたおじさんと一緒にいた別のおじさんからは

 

日本人としてそんなことをするのは恥だぞ!

 

など、色々と厳しいお言葉も頂きました。

ちゃんと働いて自分のお金で行けとも言われました。

 

 

こうして色んな方からのご意見は素直に受け入れて

自分自身もっと学んで成長させてもらおうと改めて感じました。

 

まさかの宿まで!!

そうしておじさんたちと話していると

宿がないなら、自分の部屋のベッドがダブルベッドだからと、泊めてくださることになりました!!!

 

そこまでしてくださるなんて本当に感動です(´;ω;`)

 

 

色んな人がいる

そしてホテルに向かうことになったのですが、、、

 

僕にそうやって声をかけてくれたおじさんと
先ほど厳しいお言葉をくださったおじさんとはまた別のおじさんがいて

どうやらそのおじさんはタイに住んでいて
自分の車で日本から来たそのおじさんたちを乗せて観光をしていたとのこと。

 

もちろん

ホテルまでもそのおじさんの車にみんな乗って行くのですが、、、

 

 

タイ在住のおじさん

「何を俺の許可もなしに勝手にそんなことを決めとるんだ!」

 

などとめちゃくちゃ激怒し始めてしまい、、、

 

僕もこの時は車の事情とかをまだ聞いていなくて何が起きたのか分からなかったのですが

 

僕にそうやって優しく声をかけてくれたおじさんが
僕をホテルに連れて行くことにして、自分の許可なしに一緒の車に乗せようとしたことが相当気に入らなかったとのこと、、、

 

 

結局優しいおじさんと僕は別でタクシーに乗って帰りました。

 

 

そのタイ在住のおじさんは

定年過ぎてからタイに移住し
20歳くらいは下のタイ人奥さんと契約結婚のようなものをして
豪華な家に住みながら、奥さんにお金で家政婦のような感じで面倒をみてもらって生活をしているとのこと。

 

色んな生き方があるなぁとビックリ。

 

 

結局そのおじさんは
車を泊めていた場所が閉鎖されてしまい、車を出すことができずにタクシーで帰ることになってしまったとのこと。

 

神様はちゃんと見てるんだなぁ。

 

 

 

この日はたくさんの優しさに触れ

色んな人がいるなぁと感じることができました!

 

 

世界には優しい人がたくさんいる!!

 

 

みんな幸せ♪ つよぽん

 

 

 

ABOUT ME
つよぽん
・1993年生まれ ・AB型 幼少期にはアトピー性皮膚炎がひどくボロボロ…。 喘息や猫アレルギー、食物アレルギーも…。 そんなことがキッカケで地球の環境などについて考えるようになる。 2年間していた鍼灸師の仕事を辞めてしまい たくさんの人との出会いを求めて旅に出ることに♪ これから自分に何ができるのかを模索中。
ブログをメールで購読

メールでブログの更新をお知らせします♪

74人の購読者に加わりましょう